「なんで」と言い返すワザを覚えた娘とイライラする私。

娘が漢字テストで100点を取りたいというから、やっていなかった問題集の漢字問題だけを80問ほどやらせました。

30分だけ勉強時間を設けたのですが、「長い〜」と文句言われました。

できた問題の答え合せをしていたのですが、それ以前に

「きったねぇー字っ!!」

やる気のなさが滲み出ている汚さでした。

丁寧に書けることも知っていますが、漢字テストは45分で160問答えなきゃいけないんです。

というか、書かなきゃいけないんです。

だから字が荒れることも想像できます。

というか、字が汚い以前の問題。

止めるところをはらっていたり。

例えば、「遠い」という字は左ははらって右は止めるのです。

そこをチェックする様に回答用紙にも書いてあったので、

「ここを止めてる?」

て聞くと

「ここ止めるの?えー、習ってない。どっちでも先生ペンしないもん」

と面倒臭そうに答える娘。

「そんなわけないでしょ?ママでも、答案用紙みて、自分はどう書くか試したりしてるんだよ!教える立場の先生が知らないわけないし、言わないわけないでしょ!」

「えー、でもママも知らなかったんじゃない?」

確かに言われてみりゃーだけど。

「自然に止めてるってことはそう習ったんだよ!」

四角の答えのマスに4当分にした点線のマスもあるのに、マスの真ん中に書かずに上半分で字がおさまっていたり。

鳥という字の縦棒に全ての横棒が接触していなかったり。

止まるという字の4画目の横棒の下に縦棒が突き出ていたり。

気になることが多すぎる。

全て注意するけど、全て

「ペンされないから大丈夫だよ。」

「(ママが用意したプリントは)本当のテストじゃないから」

とか、

腹が立って

「もうあんたの漢字の勉強に付き合わない。」

と言うと

「なんで?」

「だってあんたにやる気を感じないから」

「なんで?」

この調子で全てに「なんで」で乗り切る娘。

途中で私が娘の口喧嘩のワザにハマっていることに気付き、打ち切りました。

腹立つわぁーー。

多分、学校の友達にこのワザを使われて、自分も口ごもりつつ、良い手だと思ったんだろうな。

「なんで?」

って大人でもやりとりに使うとき便利ですよね。

私は旦那とバイト先で出会いましたが、その頃は友達でした。

よく2人で飲みに行っていて、ひょっとして私に気があるのかな?私は少し好意を持っているけどという状態でした。

2人で飲みながら、

「彼女いるの?」

と聞くと

「なんで?」

と逆に尋ねられて何も言えなくなってしまいました。

私も彼氏がいて、その事は言ってるのに、自分はいるくせに言わない。

でも、「何で?」って聞かれると、
「なんでそんな事に興味があるの?」
と聞かれている様で、自分が好意を持っていることがばれるのが嫌で何も言えなくなるんですよね。

これは、もしかしてパパからワザを盗んだのかもしれないなぁ。

[エアークローゼット/口コミ]AirClosetで実際に届いた服の感想

眠りの浅いからよく夢みるけど、今日もヘンテコな夢だった。

今日見た夢は所々しか覚えていないのですが、何かのきっかけで自分に超能力の様なパワーがつく方法を知るんですよね。

それはしばらく使わないと効力がなくなるんです。

そう思うと魔術的なものでしょうか?

最近スーパーナチュラル見たからかなぁ?

なぜだか旦那は私が超能力を使う事をよく思っていなくて、ある時、私が超能力をつけようとした時に止められるんです。

自分でもそれをやる事に罪悪感(背徳感?)みたいなものを感じていたので、もう、超能力つけちゃったけど、使わないようにしようと決めました。

以前も使わなかったから効力がなくなったことを知っていたので。
そう思っていたのに、子供達のいじめ現場に出くわすんです。

いじめられてる子を救いたくてパワーを使いたくなります。

念じると思い通りになってしまうので、念じない様にしようとしているという夢でした。

その後どうなったかは覚えていません。

その後は

家に虎がいるという夢です。

家を買った時のイベントでその虎を貰って、そのまま家に置いておくんです。

ちょっかいを出すと反応する程度の存在です。

その虎が本物ではなく、誰かが着ぐるみを着ている状態だということは薄々感じてるけど、気にしない様にしていた感じです。

でも、ある日虎と遊んでいる時に口の中からお爺さんが見えてしまいます。

白髪で顔にシミがある様な90位の結構なおじいさんです。

ずっとその中に入っていたなら、肌とか汚いんじゃないのと思って腕をみると細くてまだらな感じでした。

旦那に相談します。

虎の中にお爺さんが入っていると話します。

そこから思考がまともになってきつつ、夢が続きます。

あんな虎ずっと家に居たかな?

居る時と居ない時があったのかな?

猫とはどうしていたんだろう?

などと考えているうちに猫が餌を食べる音がして目が覚めました。

変な夢。

その日は他にも竹刀を振り回して誰かと闘う夢を見た様な気がします。

私の精神状態、誰か夢判断してほしいです。

洋服レンタルメンズ

受験シーズンになると受験に挑む学生の方はとても大変です。

3学期の受験シーズンになってきますと、大学受験、高校受験、中学受験など、受験生にはとても大変な時期になります。
少子高齢化に伴い、受験生も年々と減っていっていると思わせていただきますが、人気の名門校はそれでも志願率数倍といった難関校となっています。
受験生の方は、受験に向けて何か月あるいは何年といった月日を受験勉強に費やしてこられてきたと思わせていただきますので、その努力の結果が受験結果として現れることでしょう。
受験は受験勉強もとても大事ですが、体調管理もとても重要であると思わせていただきます。受験シーズンである1~3月の時期は、インフルエンザなどの感染症も流行る時期でもございます。受験日にインフルエンザにでもかかってしまったら、受験できなくなりこれまで努力してきた受験勉強も無駄になってしまうことになってしまいます。
せっかく受験勉強をしてきたにもかかわらず、志望校の受験ができなくなり、進学先が変わってくると、その後の進路も変わってくる可能性がございます。将来の就職先にも大きな影響が出ることもあるかと思わせていただきますので、人生が変わってくると言うことにもなりかねません。
受験は万全な体調で挑むことが望ましいですので、体調管理はしっかりとしなければなりません。
最近では中学受験から力を入れている方もいらっしゃいます。中等一貫校などは中学受験で合格しますと高校受験はしなくてもよいわけですから、高校受験をされる方よりは少し気持ちが楽になるのかもしれません。
大学進学まで望む方は最終的には大学受験を受けることになりますので、それまでの学生生活は受験勉強もしっかりとしなければなりません。
受験勉強は、数日や数か月という期間で考えるのではなく、数年間という長い期間で早い時期から考えた勉強スタイルを持っておくことのほうが良いのではないかと思わせていただきます。そうすれば受験前になって慌てることなく、ゆとりのある受験勉強ができるのではないでしょうか。

ノアンデの薬局

世界は、意外と早い景気減速が始まっているようです。

2019年の株式市場のアナリスト予測と現実乖離を検証してみました。BS11の朝6時台の経済専門番組であるモーニングサテライトでは2019年1月4日の今年の株価を予想するアナリストの特集を録画しておきました。
今年も3ケ月が経過しました。年末に19000円台に下降した日経平均株価は、年初の大発会でも、低迷していました。6人の有名アナリストは3人が年末株高を予想していました。2018年度末には3万円を予想していたアナリストは、見事に外しましたが、今年も年末28000円を予想しました。その理由として行き過ぎた悲観論の揺り戻しだと言い、今年4月には240000円、7月参院選後は24000円、10月の消費税増税あとに26000円、12月には28000円と予想していました。世界景気の減速県念が徐々に後退し今年前半で底を打って去年と逆の相場になると言います。同様に国内大手証券会社のアナリストは米中貿易問題の決裂が回避され、アメリカのFRBの金利値上げが見送られ4月に24000円、6月に20000円に下がるものの8月には世界景気が持ち直して12月には26000円と予測していました。2018年は楽観で始まり悲観で終わったのが、2019年は悲観で始まって楽観で終わると予測していました。
もう一人の国内大手証券会社アナリストも年末に24000円と予測していました。
一方、年末株安を予想したアナリストは外国証券会社のアナリストが多いようでした。3人とも6,7月頃の25000円がピークで年末に向かって下降するとの予測でした。一人の有名アナリストは第二次補正予算3兆円を組んでいるので景況感が良くなるものの、10月の消費税増税、アメリカのトランプ政権の所得税等の減税効果が剥落し、10月には18000円の底値を付けて年末で20000円に戻す予測です。もう一人のアナリストは7月の参院選挙まで24000円のピークの後に消費税値上げで底を打ち、年末で22000円と予測していました。そしてヨーロッパ系外資のアナリストが一番悲観的で、今年は世界景気の終わりの始まりであり、5月24000円がピークで2020年の世界景気の減速に向けて20000円の予測でした。
強気派は、2015年のチャイナショックに似ていると言い、中国の景気対策に期待していました。一方、悲観派は、もっと長期の景気サイクルで見れば8,9年サイクルで見れば、2019年は下降サイクルに入るとみていました。悲観派はアメリカの減速が始まったと反論していました。
又、消費税増税について過去の税率値上げ後のいずれも景気後退しているとの意見では一致していました。ただ、3月になり米朝協議が決裂し悲観論が台頭し日本のGDP減速でアベノミクス悲観論が出て先週末に20000円を切ったので、予想に反して、意外と早く、景気に暗雲が立ち込めそうです。

ノアンデの口コミ

雪が解けて舗装が乾いてきたのでどこか遠出がしたくなります

長かった冬が終えようとしている北海道、最近の好天で、道路の雪も融けて、舗装は夏と同じです、この季節になると、運転の好きな私は遠出がしたくなってきますね、小さな春を探しに行きたいのです。はじめは南の方へ、函館あたりは、春も早いので、道端には水仙の花が咲いているのではないでしょうか、そして、山菜も取れ始める季節、美味しいものもたくさん出てきます、そんなものを求めてドライブに行きたいのです、そして北の方はどうでしょう、今まだ冬の中なのでしょうか、雪解けの進んだ小川のせせらぎは、春が、もうそこまで来ていることを思わせるのです。温泉に入り雪見風呂と洒落込んで、北海道の自然と広さを感じるドライブ、冬の間吹雪に悩まされた、解消に思い切り走りたいのです。広い広い北海道、いくら走っても、北海道から出ることがでないのです、その代わり北海道のことはよくわかるのです。以下の季節にしか見ることのできない景色や今だけの、特別な食べ物、何もかかもが、北海道なのです。北海道の中にある、季節の違い、春の道南函館と、まだ冬の稚内、この差は大きいのです。そんな季節の変わり目を探しながらのんびりとドライブは、春の訪れとともに、毎年思うのです、初雪が降ったと聞けば雪が見たくなる、秋、桜が最多と聞けば、見たくなる、季節がはっきりとした北海道ならではの、光景を楽しみのして自然の厳しさもいっぱい楽しんで、暮らしているのです。今年の流氷はどうだったのでしょう、多くの観光客が来たのでしょうね、寒さを楽しみの一つとしているのですね、寒さになれたと、寒さを楽しむは体感的にかなり違いますが、そこはそれで良いのです。北海道の冬のイベントもほぼ終わり、今度は春のイベントです。春のイベントは明るいイメージのものばかり、花に関することが多いのです。どれだけ道民が春の訪れを待っていたのかが良くわかるイベントが多いのです。これからは、暖かな日が続き、屋外での活動が増えてくる北海道。お日様の力を味方に暖かな日差しを浴びて、のびのびしたいですね。

洋服レンタルおすすめ